長期的に安全に運用するのが資産運用

手持ちの資金を使ってお金を増やす方法と定義している人も多いでしょうが、厳密にいえば本当に幅広い理解が存在しているのが資産運用です。ギャンブルのように扱われることもあり、そうなるとそれは運用として失敗を意味します。正式な定義について理解することが必要です。

資産を減らすことなく収益をあげること

資産運用をするにあたり、けっして行ってはいけないことは資産を減らすことです。その時点で失敗になることを心得ておきましょう。いかにして元金を減らさずに増やすのが運用目的になりますので、ギャンブル的な使い方を避けなければいけません。

巷に溢れる運用方法として、ギャンブル要素が高いものがたくさんあります。その代表格としてあるのが、株や先物取引、そしてFXがあげられます。確かにあたれば収益は大きくなりますが、資産が削られる可能性が高いです。運用する人の意向によって判断が異なるでしょうが、このような運用方法は、資産を増やす方法として向いていないことを理解しておきましょう。これはとても大切なことです。

長期的なビジョンを持って運用をする

資産を削られないこと、元金を割らない運用が必要になりますが、それと同時に求めてほしいこととして、長期的なビジョンを持って収益をあげることです。短期的なデイトレードのような方法は、投資家がすることです。資産運用と投資家は似ているようでまったく異なります。

投資家はある一定の法則を使って利益を出しますが、資産運用は必ず収益を上げる必要があります。投資家はリスクと隣り合わせな関係を築きながら運用することになりますが、資産を増やしたい方はそのような姿勢を持つべきではありません。たとえリターンは少ないとしても、結果長期的にみればある程度の利益を得られ、それが資産を増やす結果になることに関心を持たなければいけません。

ギャンブルであってはならない方式

資産を増やすことは、元金を割らないこと、長期的な視野を持って収益をあげることになります。よってギャンブル性が高い方法で運用を行ってはいけません。特に為替相場を操るFXは、資産を増やす運用方法として注目を集めていますが、その分失う金額も大きいのが特徴です。これでは資産を削ってしまうことになるでしょう。

不動産投資もそれにあたります。適当な価値がない物件を持っていたとしても、空き家が増えてしまえば家賃収入を得ることができません。収益をあげる法則を持って購入できない物件に価値などないことになります。

このようにギャンブル性が高い運用は、なんとしてでも避けなければいけません。あくまでも目的は資産を増やすことになりますので、それを見据え、なるたけ硬い運用を行うようにしてください。元金を割らない運用を行うべきです。