資産運用はギャンブルではない

決してギャンブルにはならない運用をしなければいけません。これが資産運用をする上でとても大切なことになります。目標としては長期的に資産を削ることなく、着実に利益を出す方法を目指すことが必要になることは言うまでもありません。ただそれを理解できずに運用を始める人も多くなっています。

投資ではなく資産を増やすのが目的

最終的な着地地点は、資産を増やすことが目的になっていますが、投資と資産運用は明確に異なる位置付けになっています。投資はいくらか規則性があり、そこをうまくつくことによって収益を上げる方法です。株や先物取引、そしてFXなどがあげられるでしょう。しかし資産を使った運用というのは、それは明確なリスクとして避けなければいけません。

長期的に安全に資産を削られない運用をするのが目的になっていますので、投資とはかけ離れるようにしましょう。あくまでも安全な運用を目指すことを指します。ここについて初めて運用を検討している人は失敗してしまうことが多いですので、十分理解するべき点になるでしょう。必ず確認を怠ずに違いの明確性を理解することから始めてください。

収益ばかりに関心を抱くから失敗をする

運用を始めたからには、必ず利益を出さないといけないと意気込んでしまうことから、失敗をすることになります。極端な話をするとなれば、FXのデイレートはそれに当たるでしょう。収益を出すために監視をして、1日の利益を出すように勤しむ方法です。しかし資産運用はそれでは成り立ちません。ハイリスク・ハイリターンはなるたけ避けるべきです。

着実に資産を削られることなく運用することが大切になりますので、運用方法も良く選別をする必要があります。できればローリスク・ローリターンの運用方法を愛し、長期的な視野を持って収益を上げることを考えましょう。もっと収益に関心を持つのであれば、ミドルリスク・ミドルリターン程度にとどめておくべきです。収益ばかりに関心を持つのは避けるようにしましょう。

投資家ではないことを認識しておこう

投資家は収益を出さなければ生活をすることができません。だからこそリスクがあっても手を出さざるを得ない状況に巻き込まれることがあります。しかし資産運用を行う人はそのようなことに巻き込まれてはいけません。あくまでも長期的に収益を出し、資産が削られないことが大切です。そう考えると株も元金を割り込む可能性があることから、あまりおすすめできる商品と言えないでしょう。

そう考えるととても幅が狭まってしまいます。多少のリスクは必要になりますが、極端なハイリスクは避けてください。あくまでも資産を増やすのが目的ですので、投資家ではありません。その気分を味わいながら行うようなことがあれば、それは失敗への道に足を踏み入れたことになります。