仮想通貨を使った資産運用もある

別名仮想通貨と呼ばれることがあり、有名どころではビットコインがあります。他にも他の仮想通貨であるアルトコインを使う方法もあります。どのような仕組みで利益を上げることができ、そして資産運用としての価値がどのくらいあるのか?見ていきましょう。

ネット上の通貨として利用できる資産

ネットでの通貨としての魅力を持っているのが仮想通貨です。その名の通り現物はありませんが、日本円だけではなく、さまざまな通貨に両替をすることができます。為替相場のように、暴騰したり暴落をすることもあり、それが極端になることから魅力を持っている通貨です。

極端に高いことが魅力になっていると言いましたが、当然暴落することもあります。よって資産運用には向いていないように感じることもありますが、ほとんどが短期的な傾向にありますので、一喜一憂しないことが大切です。

またどのような影響を持って、値が変わっていくのかがわからないことから、予測するのが難しいリスクもあります。主な仮想通貨としてはビットコインがありますが、他のアルトコインも魅力を持っている通貨です。

短期的ではなく長期的だからこその魅力

仮想通貨は短期で値が変動することから、そこに魅力を感じてデイトレードをする人も増えています。この感覚はFXに似ていると言えるでしょう。

ただし値の動きというのは、どんな影響を持って動いているのかがわかり辛いことから、なかなか読むことができません。その日に暴落をしたのに、たった1日で数倍の暴騰をするようなこともありますので、短期決戦ではなく長期的に見ることが大切です。

この点にこそ運用として向いていると言えます。あくまでも長期的に利益を出すのは目的ですので、運用としては適切であり、これから価値が高まる通貨になることから、先見の明として運用するのも賢い方法になるでしょう。ただし元金が割れるリスクがあることは承知しておきましょう。

リスクも高いので余剰資金で行うこと

資産運用としての要点は、収益を出すこと以上に元金を割らないことが大きなポイントになっています。ただし投資として行うのであれば、必ずそれが起きることもありますので、リスク要因としてとらえておくことは必要です。その点から見ても、仮想通貨はリスクが高いと言えます。

政府の中央銀行が関与しないことから、世界情勢の影響を受けにくい魅力を持っていますが、管理している側の杜撰さによって、まったくなくなってしまうことも。そのような事件も実際日本で起きました。

このリスクについては理解をしておくべきです。また資産運用をする人に限って、このようなことはないと考えますが、余剰資金で行うべき運用です。借り入れで行わないようにしましょう。資産を使って運用する方法です。